鉄不足ではありませんか!

鉄不足ではありませんか?私も小学生の頃は貧血で悩まされていました。鉄は体内で60~70%が血液・約4%が筋肉残りは肝臓、脾臓、骨髄に存在します。

なりやすい方妊婦、子供、女性、献血をよく頻繫にする

役割

1 全身に酸素を運ぶ 鉄は赤血球中のヘモグロビンの材料、                                          2 エネルギーの産生 体内の細胞には鉄を含有した酵素があり、エネルギーを産生                                        3 筋肉が酸素を取り込むのを助ける。ミオグロビンという材料になり筋肉に存在

鉄は主に動物性食品に多く含まれています。青のり(乾燥)、豚レバー、シジミなど

動物性食品をビタミンcと一緒に

食品中の鉄はヘム鉄(動物性食品)と非ヘム鉄(食品物性食品)に分けられます。ヘム鉄の方が吸収されやすい。ビタミンcは鉄を吸収しやすい形に変える働き、ヘモグロビン生成を促す働き

紅茶、緑茶に含まれるタンニンなどは鉄の吸収を抑えるため貧血気味の人は一緒に取るのを控えましょう。

鉄不足

全身に酸素が運ばれにくくなり、鉄欠乏性貧血、疲労感、息切れ、頭痛、食欲不振など                          必要量の多い成長期、月経不順、子宮筋腫など出血症状がある場合注意が必要

また鉄が不足するとトリプトファン5ーHTPが十分作られなくなり、結果セロトニン幸せホルモン(精神の安定)が産生されない可能性もあり!うつや心の不調もあらわれます。

摂取の注意点

通常の食事で過剰摂取の心配なし 過剰摂取を続けると鉄沈着症、亜鉛の吸収阻害が起こる可能性も!ヘム鉄を薬やサプリで摂取すると胃腸への刺激、吐き気、嘔吐、下痢、便秘を起こすことも注意が必要、抗生物質や骨粗鬆症、甲状腺機能低下症、パーキンソン病を治療する薬の吸収や効能に支障をきたす可能性もあり!!